トレーニングを身につける

今現在ひつとひとつ
トレニーングを身に着けていっています。

たとえば
身近にある道具が使えそうだとおもえばそれを使い
トレーニングを行います

そしてトレーニングは意外にどこでもできますので
やるきさえあればおこなえます。

たとえば、壁を使って「腕立て伏せ」ならぬ
「壁腕立て伏せ」など行うことができます

その他
柱やヒモ、ごみ、棒など
身近にあるものを使ってトレーニングを行うことができます

さらにトレーニングからは
得ることがたくさんあり
これから先の
人生の中でよい自分への研究材料になります

例えば
自分が緊張をした時に
いかに冷静さをたもてるかが目安となり、
そうおもいながらトレーニングをおこなうようにしています。

今、トレーニングを集中的に行っているのですが
かなり疲労感がたまっています
その疲労感をどうやって癒すのかが
今後の悩みの種で、
できるだけ、もっとやりたい気持ちがあるのですが
なるべく
休める時に休むようにはしています

今までにきつい仕事もおこなってきたので
自分の疲れ方がどのくらいの度合いかは自分では
多少わかったいるつもりです

たとえば、これ以上やったら
「明日に疲れを残してしまうだろうな」といった事がわかります

仕事では八時間みっちり行いますので
今のトレーニングでは
長い時間ではありますが
少し休ませることができます

長い時間行えますので
バランスよく鍛えていきたいと思っています

これは自分の研究でもあり挑戦でもあります

疲れ具合として
朝に顔を見ると
明らかに疲れが出ている事がわかります。
そういったときには前日にかなり水分を取っているのも
関係しているかもしれません。

休みたいときでも
気が抜けない!
休んでいる暇がないといった時があります
そういった時にうまく
トレーニングを行いながら
休ませる方法もあります

私自身、
贅肉が落ちにくい場所や筋力が付きにくいところがあります
その個所として
横っ腹や
ヒップ
ふくらはぎ
ふとももなどが挙げられます

少し紹介すると
横っ腹を鍛える場合には
キックボクシングのけりをイメージして
鍛え上げます
ヒップは馬のように足をける行為を意識します
ふくらはぎは
爪先立ちをイメージします
太ももは
色々なスクワット方法を取り入れながらおこないます

たとえば
足を広げたり
ボーリングの投げた後の格好でスクワットを行います

とにかく
いろいなしぐさや
バランスを考えてトレーニングを行っていきます

そして自分で自分の体を触ってみて
筋肉が落ちているところを
重点に鍛え上げていきます

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ