階段のトレーニング

階段のトレーニングを取り入れています
軽い量であれば毎日行い
長い階段を使う場合には
日にちに間隔をあけて
体を休めるようにしています

適度な階段の量として
私的には
100段ぐらいがちょうどよい段数です

階段は足腰のほかに
心肺機能も鍛えられますので
つかれる反面
心肺機能の強化にもつながると思います

なかなか
そんな適度な階段はなく
少ない階段を利用しながら
何度も行なうことが良いかと思います

最初のころは100段程度でも
息が上がってしまっていたのですが
慣れてくると
100段程度でも
息も整うようになります

そうなるとかなり心肺機能も
高くなっていると思われます

その階段も登り方を変えたりと
変化をつけることで
よりいろいろな
筋力が鍛え上げられると思います

たとえば後ろ向きで上り下りをしたり
横向きに登ったりと工夫次第では
普段使われない筋力を鍛えることができると思います

足の筋力を維持するのもなかなか大変で
ハードに鍛えれば
数日間はその筋力も持つのですが

少し程度では
毎日のトレーニングが必要になると思います

これは朝夕と一日二回ぐらいはやらなければ
ならないぐらい筋力は落ちるが早いと思います

ですが、やはりハードに鍛え上げると
疲れ方もひどくなりますので

毎日のトレーニングを行う方が効果的なのかも知れません
休み休みスクワットなどを取り入れながら
筋力をつけていく方が理想ではないかと思います

筋力と言えば
ストレッチも効果的で
意外に伸ばす行為も重要だと言うことがわかりました

筋力をのばす行為じたいは
私自身は、むかしから好きではなく
あまりちゅうもくはしていなかったのですが
やはり、
毎日のトレーニングを行う際に
重要だということがわかってきました

例で挙げると
ぶら下がり健康機を使うって
ただぶら下がっているだけでも
なんとなく鍛え上げられているような気がします

あと手を高く上げるだけでも
心臓の周りの筋力も鍛え上げられると
聞いたことがあります。

筋肉は鍛え上げることで
脂肪が耐えられなくなります

じぶんで実際にさわってみて
つかめる部分を
重点的に鍛え上げることで
脂肪が筋肉に耐えられなくなり
燃焼していくと思われます

筋力も細かくトレーニングを行うこが理想です
普段使われない筋力も鍛え上げることができます

後ろ向きで歩いたり
スキップしたり
普段行うことがないようなことを取り入れながら
トレーニングを積むことで
バランスよく鍛え上げられると思います

普段自転車に乗らない人も
家でごげる自転車をもありますので
それを使って毎日少しでもこぐと
体が違ってくると思います

私も最初のころは
部屋で使える自転車はあったのですが
なかなか使う機会がなく放置状態でした

ですが最近では少し日課になりつつあり毎日に乗っています
無理をせず続けることがトレーニングにとって
必要不可欠です

一日一分でもよいので
毎日続けてみると
そのうち10分などあっという間です

例えば外でトレーニングが行えない時も
部屋の中で使えることができます

震災の時に
車のガソリンがなく
へやで自転車をひたすらこいでいました

あると便利だと思います
私が買った当時は
2万円ぐらいでしたが
今では1万ちょいで買えると思います

今では部屋でこげる自転車はなくてはならない存在となっています

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ