メンタルを強くするには

ネガティブ(マイナス)な事ばかり考えずに
ポジティブ(プラス)な考えを持った方が実力は発揮できます

やってきた事を信じて、
明日の事は明日考るぐらいのずぶとさを持った方が
メンタルは強くなると思います。

逆にマイナスなイメージを抱いてると
余計な事ばかり考えて、うまく睡眠もとれず
コンディションにも影響を及ぼすと思います。

やることさへやっていれば、
あとは気持ちをリラックスさせるだけです。

かならず、自分がやれるだけのトレーニングを積んで
自身がついたら
あとは勝つことだけをイメージします。

そこで負けたら負けたでしょうがないと思います
やるだけのことをやって負けたのであればそれが実力なのかもしれません。

何度も言うように
常日頃からトレーニングを行い
明日へ備えます。

負けてもともと全力を尽くします。

ネガティブをポジティブに

もしダメだった時のことも考えておく気持ちが楽になる

気持ち的には「想定外などあり得ない」

例えばトイレを我慢していて
やっとトイレについた
でもここで安心してはいけません
もしかしたら
トイレが故障していたり
紙がなかったりする場合もあるかもしれません

そんなことを踏まえて
もしダメだったことを考えておくと
気持ちをしかっりと持つことができます

もしこの公園のトイレがダメだったら
横のコンビニに行けば良い
でももしかしたら
コンビニで誰か使っているかもしれないので
そこで安心してはダメです

余力を残しておかなくはなりません
そうしないと漏らしてしまいます

人生において油断は禁物です

【ポジティブな気持ちを自信に変えて】
あるアスリートの話ですが

そのアスリートが「今日は自分の日である」とそう自分に言い聞かせ
いざ試合に望むそうです

これはメンタル的に効果は絶大だとおもいます

ポジティブな考えこそが
自信につながり
緊張などを和らげる効果があるのだとおもいます

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ