自分に合ったトレーニングを見つける

今まで遊んでいたつけがたまったようです
体の衰えがひどく
狭い空間でパソコンばかりやっていたせいか
衰えを感じます

特に「手首」や「指先」「足」
それに「メンタル」とかなり弱っていることがわかりました
これではいざとなった時に何もできない状態にあると思います

これを良い機に
トレーニングの継続をしていきたいと考えています

これから先の人生で楽はできないでしょう!

自衛隊やレスキューなど体を張る仕事をしている人に比べたらましな方と
考えると少しは気楽になります

筋力を落とすのは簡単ですが
筋力を維持をしたり筋力をあげたりすることは
とても大変なことです

今現在
筋力をチェックしながら筋力アップをはかっています
指先の動きや手首のぎこちなさなどをチェックを行いながら
トレーニングを行っています

得に使わない筋力は落ちるのははやく
たとえば顔の筋力でも
動かさないと
衰えていることがわかります

話し相手がいない場合には
歌を歌ったりすることで
少しは表情筋を鍛えることができると思います

特に声を出せない状態の場所では
声をださずに歌うのも有効的だと思います

その際は朝と夕の二回に分けバランスとよく鍛え上げると良いと思います
何しろ一日は長いので
午前と午後に分けると良いと思います

一度落とした筋力と言うのは
なかなか取り戻すのは大変なものです

いかに普段のトレーニングが大事だということもわかりました
男は常にトレーニングが必要です
平和ボケしているようでは
いざとなった時に何もできない状態にあると思います

「明日のためにおこなう!」
こんな言葉が大事かもしれません。

自分に合ったトレーニング

自分に合ったトレーニング方法を見つけて
体をチェックしながらトレーニングを行なっています
後ろ歩きや
スキップなど普段あまり
使わない筋肉をつかい
自分自身のオリジナルとして
サーキットトレーニングのように行っています

何セットかにわけたり
とにかく色々な動作を取り入れています

はたから見たら
少しおかしいと思われますので

なるべくは人のいないところや
さいあくは夜の運動場で服装は運動をしているような服など
人に万が一見られても
「トレーニングをしている」といったように
誤解されないようにしておきます

いろんなトレーニングを取り入れることで
普段使わないような筋力が鍛え上げられます
そうなると
疲れにくい体が出来上がるのではないかと考えています

体を触ってみてすこし筋力が落ちているようであれば
そこにききそうなトレーニングを徹底的に行ないます

たとえばヒップが緩んでいるのであれば
後ろ足でけるようなトレーニングをひたすら行います

トレーニングはすぐやってすぐに効果が出るものではないので
時間をかけて
少しずつ少しずつ筋力をつけていくようにします

今の自分の弱い部分としては
横っ腹や手首、足全体と言った感じです

一か月前ほどは指先の衰えもすごかったのですが
ここ一か月
まともにトレーニングをおこなってきたせいか
指先がしっかりとしてきたことが実感できます

この鍛えたことを無駄にはせずに
これから先も一生涯鍛えていきたいと思っています

やはり時間をかけて行わないと効果がでないことがわかります

すぐに効果が出ないからと言って
やめてしまうのではなく
継続が大事になってきます。

これでどのぐらいやれば自分の体で
どの程度に効果があるのかがわかりましたので

これから先、
この得たことを参考にして
筋力をキープすることもできると思います

指のトレーニングをしたことで
少し自信がついたような気がします
この自信が精神力アップにつながり
ゲームでいうならロールプレイングの
レベルアップをしたようなものです

これを継続していかないと
やってきたことが無駄になりますので
がんばってこれからも継続を続けていきたいと思います

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ