不眠症解消

寝よう寝ようとすると余計眠れない

部屋を暗くして羊を1万匹数えても目をつぶったまま朝を迎えてしまうことが多々あります

途中で羊にまぎれてヤギまで出てくる始末です。

やはり疲れていないと寝れないかもしれません

リズム

これは眠れたと言う情報を研究中

思い切って部屋の電気をつけた方がよさそう寝よう寝ようとすると余計眠れない

深夜こそ面白いテレビやラジオがやっている。録画して安心して寝る

本や地図や新聞を見る

これはそこそこ眠りにつける

インクの匂いや一点を集中して

とにかく眠りにつくのはボーっとするのが一番

個人的にはこち亀を読むと寝やすい

面白い本や先が気になる本や興奮するような本は逆効果

眠る前に温かいミルクを飲むとメラトニンの効果で寝つきが良くなるそうです

寝れる音楽を研究中

自分でルールを決める例えばテレビは2時には必ず消す

パソコンは眠る2時間前にはやめる

まだまだ研究中

gurafu2

人間の睡眠には
レム睡眠とノンレム睡眠があります

一言で言えばレム睡眠はは体の眠り

ノンレム睡眠はは脳の眠り

急速に深い眠りに入り

脳波はデルター波と呼ばれ

ゆっくりとした大きな波の事
この事をノンレム睡眠といい

深い眠りは一時間半ほど続き次に目覚めている時と同じベータ波と呼ばれる小刻みな波

体は眠っているけど脳は目覚めている状態を
レム睡眠といいます

レム睡眠は20分ほど続いて
またノンレム睡眠に入り

一晩に4~5回のサイクル繰り返されます

夢を見たりするのがレム睡眠

ノンレム睡眠は
成長ホルモンを分泌される働きがある

目覚めの理想はレム睡眠中に迎えるとすっきりと目覚められとされています

アルファー波(ゆるい波長の脳波)は座禅に入ると現れることは証明されているそうです

ストレスがかかるとベータ波(細かな波長の脳波)に変わるそうです

さらに強いストレスがかかるとガンマー波に変わるそうです

人間の本能か?明るいと脳は興奮状態にあります。暗くして目の周りを温めると、リラックス効果が得られるそうです

目をつぶってじっとしていれば80%程度寝た状態の効果があるそうです

玉ねぎやネギには昔から芳香性の睡眠剤と言われ眠りを誘う効果があるそうです

昼寝は15分程度がベスト、それ以上になると深い眠りになってしまいます。

実は北まくらは安眠につながるという説もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ