スピリチュアル

ホスピスとは
死期の近い患者に、少しでも死の恐怖や身体的苦痛を取り除くための緩和ケアを行う施設になります。

誰にでも訪れる死

考えれば考えるほど恐怖心が芽生えてきます
できれば考えない方がいいかもしれないですが

もし医者から余命宣告を受けたらあなたなら耐えられそうですか?

残りの時間をどう過ごすか

ガンの末期患者は死を受け入れれば
延命手術や家族との面会も拒否するそうです

ドキュメンタリ番組などで
余命宣告されショックのあまり現実を受け入れられず放心状態になる姿を見ると考えさせられます

みんな平等にいつかは必ず訪れる死

自分がもし余命宣告された時、
いつでも素直に受け止めるために

これから、極めようとおもいます

土に帰る日

常日ごろ

整理整頓

たまに

写真整理や身辺整理

音楽の力

一人の寂しさは半端ではありません
以前、山ごもりをしたことがあるのですが、ものすごい、恐怖心にかられます、その時、犬さえいればと思っていました

樹海にも入ったことがあるのですが、人がおもむく場所ではありませんでした

それほど一人は怖くて、寂しいものです

やり残したことがないように

中には自分が生きた証を残す

つづく

2010年11月に恩師がなくなりました。部活の顧問であり、今時には考えられない程、
かなり厳しさでは有名な先生でした。

厳しかったからこそ、心技体に成長できたと思います。

あの時の辛さを乗り越えたことで大抵の事は乗り切れます。

感謝するとともに、
ご冥福をお祈り申し上げます。

ここから、さらに精神力を鍛え、心の折れない精神力を鍛えたいと思います。

【先行きのために考え】
お金は
あの世には持っていけません
でもだからと言って
普段から
あるだけ使っていてはダメです

余命がわかっているならまだしも

そうでなければ
最低限の額は
あの世に持っていくように考えるようになりました

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ