想定【イメージトレーニング】

人生何が起こるかわからない!
とりわけ自分には運がなくネガティブ思考なので
いろいろな
シナリオ(計画を実現するために筋道)
を考慮しなくてはならないとおもっています

たとえば
どんな状況におかれても
それに伴った人生計画をねらなくては
いざとなったときに弱気になってしまいそうなので
いつも色々な想定をしておきたいと考えています

たとえば
・親が亡くなった時
・体をこわしてしまった場合
・仕事がなくなった時
・借金とりに追われた時
・事故で体が不自由になった時
・お金がなくなった時
・ホームレスになた時
など色々と考えられます

こう考えると恐ろしいのですが
もしもこういったことになった時に
自分はどうすればよいのかを
すこしでも考えていれば
気持ち的に楽になります

結局は最終的に、
お金がすべてだと思っています

お金がなくなったら
追いつめられて終わりかもしれませんね

そのために今、
きりつめて貯金をしてかなければならないと思います

節約も度が過ぎればただのどケチ
適度にためて良い人生計画を練っていきたいと考えいます

あまり
良い方向の事を考えず
最悪の場合には
どういった対象法が必要なのかを
考えていかなければなりません

例えばホームレスになったばあいに
「小屋の作り方」を知っていれば
すこしは気持ち的には楽なるとおもいます

【こんな事】
もしもの選択、その選択が本当に正しかったのか?
そんな事ってありませんか?
あの時、あの仕事を続けていれば、
あの時、あの彼女と別れていなければ、
今頃どうしていただろう?
【なくなった時の事を】
以前「はなまるカフェ」でおなじみの薬丸裕英さんが言っていたのですが
物は常にストックをして置く癖があると言っていました
例えばですが
洗剤でも
同じ洗剤を常に10個並べているような感じです

私もその時すごく同感ができ

私も予備を持つ癖があります
同じものを二つや三つ用意しておくと
気持ちが落ち着きます
逆にないと不安になってしまいます

それと器械の話ですが
同じものを持つメリットとしては
故障をしても部品取りに使えることがあります
わざわざ違うコネクターやコンセントをささざにすみますので時間の節約にもなります

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ