65歳定年制

昔の小さい頃に「65歳」と聞くと、
「お年寄り」とイメージが強かったのですが、

実際に65歳の人とゴルフ関係の仕事をして思ったことは、
昔の65歳とは「イメージが違う」と言った印象にあります。

やはり環境や食べ物なのでしょうか?
その人達(二人)は、農家の人で足腰がしっかりしていました。
一人は確か62歳でもう一人は68歳だったと思います。
お互い同じくらいの体力に見えました。

私のように、パソコンやゲームをやっているようでは、
おそらく体力では、その二人には負けていたと思います。

ちなみに今はゲームはしていませんが、
パソコンに依存しているのは今もかわりませんので
体力は確実に落ち込んでいます。

でも昔から私はそんなに体力はないほうではないのですが、
その人たちは、年のわりにかなりの体力がありました。

65歳ぐらいの人をなめてかかってはいけません。
体力がある人は、30代ぐらいの体力は
およそあるとは思います。

もちろん個人差はあるとは思いますが、
ある人は、すさまじくあることは確かです。

もう年だから

もう年だからと言い訳をする人、
やるか、やらないか、
「やろうとしないだけ」何かにかこつけて、やらないだけです。
私は、「やろうとしないだけ」と言った言葉が好きで
最近、よく心で呟いています。
年齢は、40歳を越えました。
だけど年齢は関係ないと思います。
80歳のおじいさんでも
挑戦している人はいます。
あきらめるのは言い訳です。
20歳台、30歳台の人も、何かにかこつけて、やろうとしない人はいます。
「やるか、やらないかの違いです。」
雨だから?
寒いから?
できる範囲でいいから、私はやります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク