「まだまだ」といった言葉とジェスチャー【メンタルトレーニング】

ジェスチャーとは身振り手振りで表現をする事を言います

私自身の体験として
「まだまだ」といった言葉を胸に秘めておくだけでも
気持ちのモチベーションが高くなります。

この効果は自分ではかなり高く

疲れたときや心がなえそうなときに
「まだまだ」と言った言葉を思い浮かべるだけでその効果は上がります

まだまだやれる!
まだまだ行ける!
まだまだ出来る!

などが挙げられます。

これは個人差はあるとおもうのですが、
少しやせ我慢の部分もあると思います。

たとえばダイエットでも
「まだまだ落とせる!」
「まだまだいける!」

といったように
やせ我慢の自己暗示なのかもしれません。

その「まだまだ」と言った言葉をイメージすると
ボクシングの辰吉丈一郎選手を思い浮かべてしまいます。

世界戦で連打を浴びせられたときに首を振るしぐさが
脳裏に焼き付いています。

おそらくは
「まだまだ効いていないよ」と言ったジェスチャーだとおもいます。

強がりの部分でもあると思うですが、
メンタルのトレーニングとしては
使える方法だと思います。

そこで首を振らなければ自分にもまけてしまいそうです

rogo81

イメージトレーニング

なりきりると何故だか強くなったような気がする

憧れの人や理想の人をイメージして唱えると少しだけ
近づけたような錯覚に陥ります

私の場合
メンタル、フィジカルの面で
尊敬している人物は
エメリヤネンコヒョードルです
もし自分が弱気になった時や
これから何かに向かうときに

彼が練習している風景や格闘技の試合を頭に思い浮かべ
彼の名前を10回ほど心の中で連呼します
エメリヤネンコヒョードル・・・・・・・・
こうすることで
なりきることができ
なぜか強くなったような気がします

もちろん
普段からフィジカルトレーニングなどのトレーニングも行わなくては
なりませんが

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ